元メイドカフェ店員。('A`)

misocorny:

0bstacles:

huffingtonpost:

THIS GENIUS MACHINE FEEDS STRAY DOGS IN EXCHANGE FOR RECYCLED BOTTLES

The Turkish company Pugedon has created a vending machine that’s dispensing help for both the environment and our furry friends.

Watch the machine in action here.

this makes me so happy

These should be distributed worldwide

1. まずPCおよびモニターの電源を切ってください。
2. 次にモニターをひっかかないように、湿らせた布を用意。
3. そして当該箇所に布をあて圧力を加えます。この時、別の箇所にも圧力をかけるとさらに新しい死んだピクセルが出来るので注意!
4. 圧力を加えたまま、PCとモニターの電源をいれてください。
5. そこで圧力を取り除けば、死んだピクセルはなくなっているはず。

この現象は、液晶の中にあるバックライトのための液体が、個々のピクセルまで行き渡らなくて、引き起こされるもの。なので、起動時にその液体へちょっとした刺激を与えてあげればいいということなんでしょう。

記事は、南に約12キロの位置にある退避先の福島第二原発(2F)の安全を確かめるため、風向きをまず見させてから職員を退避させる吉田所長の姿が描かれている。そして、総務班長はこう指示する。

〈「皆さん、速やかに退避してください。最終目的地は2Fです。免震重要棟近くの路上にバスがあります。とにかく乗れるだけ乗ってください。まず正門の先で線量を測ります。とどまれなければ2Fに行きます」。総務班長はこの後、第2原発に「そちらに行くことになります」と電話を入れた〉

「2Fへの退避ですよ」と仮眠中に叩き起こされ、2Fへ向かった者や、逆に2Fへの退避を命じられても「残ります」と言い張って、命令をきかなかった者、あるいは、2Fへの退避を決めたエンジニアが、「最後に子どもの顔が浮かんだんです。子どものためにも今は死ねないな、と思いました。正直、うしろめたさはありましたが……」と、自らの葛藤を吐露する場面など、長期にわたる取材の深さを感じさせてくれる描写だった。

私は、この記事の中で、「俺は、残る。君は出なさい」「絶対、外で会いましょうね」「分かった」「約束ですよ」……当直長からの退避命令に、そんなやりとりの末に2Fへ去っていく若手プラントエンジニアの証言が印象に残った。

また、退避しながら免震棟を振り返り、「あの中にはまだ人がいる」と涙が止まらなかった人、あるいは2Fの体育館に全員が無事到着したことが報告されると、「おぉ、そうか」と吉田所長が安堵した声で答える場面などが、興味深かった。

これが、朝日新聞が「9割が所長命令に違反して逃げた」と報じる、まさにその場面である。私は、あまりの違いに言葉も出ない。

みんなと仲良く、という教育も大事だが、「嫌いでも良い」という教育を小中学校でしてくれたらどんなに良かったか。そして「嫌いな人間が居ることを当たり前と認めた上で」相手を傷つけない、尊重するやり方を教えたらいじめとかも減るだろうよ。
今後ヤクザと名乗る人物にすごまれたらこうして下さい。
・警察に届け出る旨を伝える(暴力団構成員だと名乗るだけで脅迫罪)
・「暴力をうければ暴行罪で即実刑」だと伝える
・外見上の特徴を復唱し覚えたことを伝える
これが理解できない人間は、小物か詐称です。怖くありません。

catsbeaversandducks:

Meerkats make the best photographer’s assistants EVER.

Via BuzzFeed

toronei:

Twitter / RyoUchida_RIRIS: 「熱中症」というと,高校野球を連想するかもしれません。 死 …
ムーミン達が本のなかで「八月は暑くてやってられない ひどいありさまだ イライラする 」と言っているので調べてみたらヘルシンキの八月の最高気温19度
mmtki:

funny-gif-1:

http://gifini.com/

2014-04-22